今朝9/23の市川よみうりに高橋亮平市川市長選挙へ出馬表明の記事が掲載

今朝9月23日の市川よみうりに高橋亮平の出馬表明記事が掲載されました。

9月16日17日に掲載された新聞各紙の記事については、以下の記事から見られますので、併せてご覧ください。
高橋亮平の市川市長選挙への出馬表明が新聞各紙に掲載

以下、今回の掲載記事

 

市川市長選出馬

高橋氏が表明
(読売新聞 2017.9.23)

元市川市議の高橋亮平氏(41)が15日に会見を開き、任期満了に伴う市川市長選挙(11月19日)告示、同26日投開票に無所属で出馬することを表明した。今後、各政党に幅広く支援を求めていくという。同選挙への出馬表明は高橋氏が初めて。同市の大久保博市長は任期満了後の引退を表明している。

高橋氏は会見で「新しい市川を作りたい。『新市川』と銘打って、新しい希望を取り戻したい」と意気込みを語った。現市政については「行政改革にはなっていなかったが、財政の健全化に一定の寄与はした」としつつ、「基本的には何もしなかった市政。その間に失ったものは大きい」と指摘。「待機児童ゼロを目指して進めたい」「地域現場で若者や子供の主体的な参加ができるまちにしたい」「市民48万人の持てる力を十二分に発揮できるまちにしたい。その大前提として徹底した情報公開を行う」などと自身の政策について述べた。

高橋氏は平成15年から同21年まで市議を務め、同年の市川市長選に出馬したが惜敗。その後は松戸市の政策担当官や審議監、中央大学特任准教授などを務めた。