The Japan Timesに高橋亮平のコメントが大きく掲載されました

7月10日のThe Japan Timesに高橋亮平のコメントが大きく掲載されました。

New voters emerge from school unaware of their potential at polls
(2015年7月10日 The Japan Times)
http://www.japantimes.co.jp/news/2015/07/10/national/new-voters-emerge-school-unaware-potential-polls-2/#.VaBn3ZPtmkq

With the voting age lowered to 18 from 20, an estimated 2.4 million people, including high school students, will be allowed to vote for the first time in next summer’s Upper House election.
But as political apathy among youth runs strong, lobbyists, educators and officials are deliberating how politics should be taught in schools, which have tended to shy away from debating current political issues due to a government notice that effectively quells debate on such matters.
Although the change in the voting system will take effect immediately, that doesn’t mean the public mindset will change right away, said Ryohei Takahashi, a 39-year-old director at the nonprofit organization Rights, which encourages youngsters to get involved in the political process.
“Lowering the voting age wasn’t the ultimate goal, but it was a step forward to trigger further systemic reforms to encourage young people’s involvement in politics,” said Takahashi, who has been lobbying to lower the voting age since he was a university student 15 years ago.
The low interest in politics among young people is reflected in voter turnout. In the Lower House election in 2014, only 33 percent of people in their 20s voted, compared with 68 percent of those in their 60s, according to the internal affairs ministry.
Young people tend to think of politics as irrelevant to them, as they lack opportunities to feel that their votes actually changed their daily lives, Takahashi said.
But he also blames politicians and bureaucrats for putting politics in a “black box” that youngsters find hard to understand without proper education.
Teruyuki Hirota, a professor of education at Nihon University, agrees, saying the government has systematically steered students toward becoming indifferent toward politics through a notice issued by the education ministry more than 40 years ago.
The “nonbinding” missive from 1969 requested high school teachers nationwide to “pay extra caution” not to include their individual opinions when referring to topical political matters.
The notice was issued after leftist students at universities, most notably the University of Tokyo and Nihon University, had barricaded themselves on their campuses in the late 1960s, protesting university management and clashing with riot police.
Although not legally binding, “the notice was effective enough to intimidate teachers” who didn’t want to be labeled politically biased, Hirota said.
The notice also banned high school students from engaging in campus activities for established political parties or any political protests, saying such actions are “undesirable in terms of education.”
“High school students were educated to remain” immature about politics by not being given opportunities to talk actively on the topic, Hirota said.
As a result, he said, political science classes just involve memorizing political terms, rather than debating current issues that could nurture critical thinking toward politics.
But now with the lower voting age, which means some high school students will be eligible to vote, Hirota said the notice needs an overhaul.
He argues that schools need to start building up political understanding among young people at an early age so they will be ready to vote wisely when they turn 18.
The education ministry is aware of the situation.
It plans to revise the 1969 notice and release a revamped policy for political education this fall.
But some lawmakers are concerned that the revision may revive student movements similar to those in the 1960s.
On Thursday, a Liberal Democratic Party group on education policies submitted a proposal to Prime Minister Shinzo Abe calling for regulation of teachers’ political activities to maintain “political neutrality” in education and creating possible penalties for violators.
The proposal says there is a need to avoid “confusion” in schools caused by political ideologies, and that campuses must not become centers for political conflict.
Hirota, however, worries such moves may result in repeating the same mistake the government made in issuing the 1969 notice.
“Even if students were to be set free by revision of the 1969 notice, political education might remain … unfree if teachers were bound by regulation,” Hirota said. If the proposal were to be introduced, teaching political conflict at schools could be arbitrarily labeled as politically biased education and targeted for attack, he added.
“Politics is all about conflict of different values, different opinions and different interest groups,” Hirota said. “What is essential for political education is to understand the conflict and to let students think independently to reach their own decision.”

新しい有権者は、投票による未知なる可能性を持つ高校生から!

20歳から18歳まで選挙権年齢が引き下がり、高校生を含む240万人が来夏の参議院選挙で投票可能となりました。
しかし若者の政治に対する無関心は根深く、ロビイスト、教育者と当局は政治学がどのように学校で教えられなければならないかと考えています。今まで、政府通知の議論を効果的に鎮めるため、現在の政治問題を討議することを避けさせる傾向がありました。投票制度が変わっても、それが公的な思考法へとすぐに変わるのを意味するわけではない、と高橋亮平(非営利団体ライツ代表理事・39才)は言います。高橋氏は若者が政治過程に参画することを奨励していますが「投票年齢の引き下げが究極のゴールでありません。若者の政治参加を助長するため、さらに全体的な改革を誘発することには前進しましたが」と言います。彼は15年前、大学生であった時から投票年齢を引き下げる為の活動をし続けました。若者の政治参加は投票率で反映されます。2014年の衆院選挙では、60代の投票率68パーセントと比較して、20代はわずか33パーセント。「若者が、投票することによって自分達の日常生活を実際に変えられるという実感を得る機会を持てないことから、政治への無関心に繋がっているのだ」と高橋氏は言います。
高橋氏は、政治家と官僚が若者に対しまともな政治教育をさせないことで政治をより理解し難い状況「ブラックボックス」に入れている、と批判しています。広田照幸(日本大学教育学部教授)は同意します。
広田氏は「40年以上前、政府は文部省が出す通知に対し、学生が異論を唱えることなく政治へ無関心となる様に組織的に導いた」と言います。
府教委通達にもつながる1969年の旧文部省通達によって、高校生は政治から遠ざけられ、その後、若者の政治離れ、無関心が進んだようです。「いまの高校教育は生徒をコドモ扱いして社会から切り離し、結果的に政治や社会に無関心な若者を量産した」と。
この通達は、1960年代後期、東大、日大などの左翼学生が大学経営陣に抗議し、キャンパスに立てこもり、機動隊と衝突した後に出されました。
法的な拘束力はないものの、この通達は、政治的に偏っているとのバイアスをかけられることを恐れる教師らを脅迫するのに充分な効果を発揮しました。
通知はまた、「教育に関して好ましくない」との理由から、高校生に対し、校内でのあらゆる政治活動の禁止を定めていました。
政治的トピックを活発に議論する機会を失われ「高校生らは政治から遠ざかることを学ばされ、結果未熟化された」と広田氏は言います。
高橋氏に同意する日大教育学部の広田照幸教授は「40年以上前、政府は文部省が出す通知に対し、学生が異論を唱えることなく政治へ無関心となる様に組織的に導いた」と言います。
府教委通達にもつながる1969年の旧文部省通達によって、高校生は政治から遠ざけられ、その後、若者の政治離れ、無関心が進んだようです。「いまの高校教育は生徒をコドモ扱いして社会から切り離し、結果的に政治や社会に無関心な若者を量産した」と。
この通達は、1960年代後期、東大、日大などの左翼学生が大学経営陣に抗議し、キャンパスに立てこもり、機動隊と衝突した後に出されました。
法的な拘束力はないものの、この通達は、政治的に偏っているとのバイアスをかけられることを恐れる教師らを脅迫するのに充分な効果を発揮しました。
通知はまた、「教育に関して好ましくない」との理由から、高校生に対し、校内でのあらゆる政治活動の禁止を定めていました。
政治的トピックを活発に議論する機会を失われ「高校生らは政治から遠ざかることを学ばされ、結果未熟化された」と広田氏は言う。
その結果、政治学の授業では政治的思考を育てる討論よりも政治のしくみなどの暗記物を重点とした教育がなされる様になった。
しかし、投票年齢の引き下げにより、高校生一部が投票出来る様になったわけで、オーバーホールが必要になったと広田氏は言います。
広田氏は、学校は早い時期から児童に政治を理解させることで18歳になった時にしっかりと投票出来る様にしなくてはいけないと主張します。
文科省はその状況を知っています。
今秋文科省では1969年の通知を修正し、新たな政治教育に向けた方針を発表する予定です。
しかし、一部の議員はその改訂が1960年代に起きた学生運動を復活させる可能性があると危惧しています。
木曜日、自民党の政治教育方針に関わるグループは、政治中立を維持するため、教員の政治活動を規制し、違反者を処罰する提案を安倍首相に提出しました。
提案は、政治的イデオロギーを唱える学校での混乱を避ける必要があるとしています。
そういった学校が政治的対立の中心とならない様にしなくてはなりません。
広田氏は1969年の政府通知と同じ過ちとならないかと不安を感じています。
「たとえ学生が1969年に出された通知の改定により自由を得たとしても、同様の政治的教育は残るかもしれません。教師が規制に束縛されているのでは、本当の意味での自由はありません。提案が提出されたら、学校で政治的対立を教えることで政治的偏向に繋がり、違反者として攻撃される可能性もあります。」
政治は全て異なる価値観、異なる意見、異なる利益団体の対立からなります。
政治教育に必要不可欠なのは、対立を理解し、学生に自ら考え独立した決定意思を持たせることです。

(訳:高橋紀子)