新型インフルエンザ千葉県内初発生 速報

昨日成田空港の飲食店で勤務する佐倉市内在住19歳女性の新型インフルエンザ感染が確認されました。

現状では感染拡大の可能性は低いとされているものの、県は女性の住む寮の入寮者と、女性が27、28日に外出先接触した人約200人を健康調査対象者に決め対応をしているとのことでした。

これらの健康調査対象者は延べ人数のため、複数カウントされている人を除けば実際には200人よりは少ない数になるそうですが、これらの対象者に対して、県と印旛保健所とで確認と健康調査を行っているようです。

成田空港内の複数の会社から個人を特定して連絡を行っているため、まだ健康調査対象者の居住地については、はっきりしきれていないところもあるようですが、現状では市川市内にこの健康調査対象者はいないとのことです。

今回の場合、県内初感染とはいうものの空港内の感染であり、県内にすでに感染者から拡大する事例も見られず、今後ここから感染拡大する確率は低いとは思いますし、市川からは距離のあるところでもあるので、即市川市に影響が出るということはないとは思いますが、少しずつ市川市の感染発症に近づいてきているように思います。

過剰に不安をあおる必要はありませんが、確認されてからバタバタしたり対応を遅れる、二転三転するということのないように、しっかりと準備しておく必要があります。

市内においては、まだ準備が整っていないこともあり、この間に早急に準備を行ってもらいたいと思います。