同志たちが激戦を勝ち抜く!

昨日、4月8日、統一地方選挙前半戦、都道府県議会議員選挙と、政令指定都市市議会議員選挙が行われました。

民主党千葉県青年委員会の同志では、
事務局長の高松健太郎 柏市選挙区、副委員長の布施健太郎 習志野市選挙区、篠崎史範 鎌ヶ谷市選挙区、花崎広毅 我孫子市選挙区と、役員が県議選で全勝しました。

全国若手市議会議員の会でも
事務総長の工藤裕一郎 横浜市議(青葉区)も当選、副委員長の井坂信彦 神戸市議(灘区)がトップ当選、同じく副会長の岡本章子もトップ当選でした。

関東若手市議会議員の会でも
神奈川県議に、会長の松尾崇 鎌倉市選挙区と菅原直敏 大和市選挙区がトップ当選、長友よしひろ 相模原選挙区と国松誠 藤沢選挙区も当選しました。
千葉市議に、小川智之 千葉市議も当選。

今回の選挙では、多くの同志たちが当選を果たしました。
とくに、市議からの県議に挑戦した仲間たちの活躍は、刺激にも励みにもなります。
彼らのことがこうして評価されたことを素直に嬉しく思います。

「正しいことが正しい」あるべき本質的な役割で政治家が選ばれるようになってきた部分を嬉しく思います。

こうした同志たちの活躍を力に、あと2週間、必死に戦って行こうと思います。

市川でも、さらに新しい風を大きなうねりにと広げて行きたいと思っています。
是非みなさん力を貸して下さい。