市議会議員の通信簿

地方選挙において、その判断基準となる基礎データや資料がないということをよく指摘を受けます。
個人的には、色々なことをしているつもりですが、私自身が議員ということもあって、個人的には客観的に評価をしたつもりでも、市民のみなさまから客観的な評価と思って頂くというのは、中々難しいものがあります。

例えばということで、仙台市で前回の統一地方選挙の際に発行された、仙台市議の通信簿という雑誌を紹介してみます。

発行しているのは、民間企業の仙台経済界。
Senkey1という雑誌の2月3月号という位置づけのようで、590円で売っていたようです。

その中の仙台市議の通信簿の付け方の基準として以下のようなものを挙げています。
□ 議会活動度
 1本会議出席率
  欠席0回 5点
  欠席1回 4点
  欠席2回 3点
  欠席3回 2点
  欠席4回以上 1点
 2本会議での質問回数(代表質疑、一般質問)
  7回以上 5点
  5回以上 4点
  3回以上 3点
  2回以上 2点
  1回から0回 1点
 1と2の合計を2分の1とする。
□ 政策力度
 1条例案を何回提案したか(会派、個人問わず)
  無し 0点
  3回から1回 1点
  4回から7回 2点
  8回以上 3点
 2条例制定に関わったか
  関わった 1点
  関わらなかった 0点
 3政策勉強会を主催しているか
  している 1点
  していない 0点
 合計点数が4点以上 5点
       3点 4点
       2点 3点
       1点以下 2点
□ 政治家としての透明度・公開度
 1政治活動報告を市民などに実施しているか
  実施している 1点
  実施していない 0点
 2政治活動資金を宮城県選挙管理委員会以外に公表しているか
  公表している 1点
  公表していない 0点
 3選挙資金を仙台市選挙管理委員会以外に公表しているか
  公表している 1点
  公表していない 0点
 合計点数が3点 5点
      2点 4点
      1点 3点
□ 改革度
 1海外視察報告を議長以外に実施しているか
  実施している 1点
  実施していない 0点
 2政務調査費による活動報告を会派代表以外に実施しているか
  実施している 2点
  実施していない 0点
 3議員定数について
  現状のまままたは増やす 0点
  より削減を検討すべき 1点
 合計点数が4点 5点
      3点 4点
      2点 3点
      1点以下 2点 
□ 家庭人度(自己申請)100点満点
 100点から80点 5点
 79点から60点 4点
 59点から50点 3点
 49点以下 2点

といったものです。
この指標での評価と、プロフィール、インタビューを行っての記事などが、議員ごとに1ページに掲載されています。
全議員の資産ランキングなどもあり、政治家の素顔にも触れられると、かなりの部数が売れると言います。

この評価基準がどうかは別として、こうした第3者による議員の評価は、ぜひ各自治体で行ってもらいたいものだと思います。