民生経済の予算・・・

一昨日で議会は休会となり、委員会に入りました。
昨日は、朝から委員会。
所管の民生経済委員会で、予算の審議となりました。

2月議会が予算議会だということは、以前にも触れましたが、議案と一緒に配られる「予算書」というのが、まるでタウンページのようなものA4の大きさで厚さが3cmはあります。
今事務所に来ているインターン生もこれを見た時は唖然としていました。
書き方に特徴があるので、予算のチェックと言っても、慣れるまでは大変かもしれません。
ただ、この予算書だけ眺めていても、見えてこないので、同じように3cmはゆうにある過去の予算書いくつかとの比較や、事業ごとの予算との比較、さらに様々な資料を、職員に示してもらったり、ネットで探したり、問い合わせたりしながら集めて、調査します。
こうした作業が、結構な手間がかかったりします。
ただ市民のみなさまからすれば、通った予算については、議員はしっかり把握した上で、対応していなければなりません。
大抵のことは、聞かれたら応えられるようにしておかなければならないと思うと、結構大変です。

所属する民生経済委員会に託されている一般会計予算は、
第1条、第2項、歳出、第2款、総務費のうち第1項第21目文化振興費中、商工振興経費
同じく第3款、民生費
同じく第4款、衛生費のうち第1項保健衛生費及び第2項健康スポーツ費のうち高齢者経費及び青少年費
同じく第5款、労働費
同じく第6款、農林水産業費
同じく第7款、商工費
第10款、教育費のうち第7項第9目青少年育成費
となっています。

具体的な内容についても、少しずつ報告して行こうと思います。