市川市議会2月議会議案説明。

市川市議会は、6日に告示となり、7日に議案が示され、昨日、議案説明が行われました。
いよいよ4年間市民の皆さまから託された最後の議会。
端から端まで、議案を精査し、議会に挑みたいと思います。
地方議会の場合、議会は、3、6、9、12と、主に3の倍数月に議会が行われます。
市川の場合、とくにこの時期に行う議会を2月からはじめるため、2月議会と言います。
2月議会(3月議会)は、地方議会にとっては、予算を決める最も重要な議会とも言えます。
それは今回も例外ではなく、今議会で提案された議案は、条例18件、予算が補正予算7件、当初予算9件の計16件。
一般1件、契約6件、市道路線1件。
諮問として、人権擁護委員5件、報告として、承認1件、報告5件。
合計件数53件となっています。
どれくらいの内容なのかということで、参考までに言うと、A4の紙で、資料の厚さ約10cm。
さらにこれだけの内容をしっかりと把握し、質問するまでの準備をするためには、これまでの年との比較や、他市との比較、議案それぞれの調査などの資料を、これから集めていくことになるのですが、大体議案の3倍ぐらいの資料を毎回集めることになります。
そう考えると、2月議会の資料って、とてつもない量になってしまうんですよね。
議会のあとは、いつも資料の山がすごいことになっています。
議案については、ここにブログを上げることにします。