写真撮影と同志。

昨日は、写真撮影を行いました。
4年前、写真をとってもらったことを昨日のことのように思い出します。
人生で初めて「歯を見せて笑って下さい!」と言われて、顔が引きつったのが今でも忘れられません。
その後、菅直人さんと2連に使う写真を一緒にとって頂き、何で政治家はすぐにその笑顔が出来るんだ…と思ったものです。
4年前の選挙は、非常に良い写真が撮れたこともあり、ポスターで票を稼いだと言われていました。
選挙中には、ポスターが張り出される前で、駅頭で演説をしていると、女子高生たちに「整形?、えっ整形?」などと言われたのは、笑い話になっています。
前回の写真が気に入っていることもあり、今回も写真は同じカメラマンにお願いしようと決めていました。
写真撮影は、一日がかり。
家族にも協力してもらい、無事撮影を終了することが出来ました。
今回も、時間をかけて、撮影してもらい、とって頂いた写真の中から渾身の一枚を選び抜こうと思います。
ポスター写真については、多くの皆さまの意見も聞きたいところであり、どうすれば皆さまの意見を聞きながら決められるだろうかなどとも考えています。
夜間は、民主党千葉県青年委員会の同志でもある布施健太郎 習志野市議と意見交換しました。
人間不信になりそうな政治の世界の中で、信頼できる数少ない友人でもあります。
この日も、お互いの様々な想いや志について、伝え合いました。
まだまだこうしてアツイ議員もいます。
政治の世界をこうした同志とともに、あきらめずに変えていこうと思います。
布施健太郎さんは、統一地方選挙では、県政をめざし、同時に行われる市長選挙に仲間を擁立する方針だと言います。
習志野で孤軍奮闘する彼の活躍にも期待しています。