民主党千葉県青年委員会我孫子市で街頭演説会

昨日は、民主党千葉県青年委員会の役員会に出席しました。
今年の青年委員会を振り返ると、衆議院千葉7区補欠選挙、印西市の千葉県議会議員補欠選挙、松戸市議選挙と県内の若手民主党候補を応援してきました。
結果も全勝。
青年委員会の応援も少しは役に立っているのではないかと思います。
この日の会場となった我孫子市では、年明けに市長選挙と市議会議員の補欠選挙が行われます。
民主党は、市議予定候補に37歳の飯塚誠さんの公認を決めています。
飯塚さんと話をしたところ、私が議員になる前、教壇に立っていた郁文館学園の卒業だと聞いて、妙な共通点を見つけました。
この日は、青年委員会の役員会を行ったのち、青年委員会のメンバーである高松健太郎柏市議、名木浩一松戸市議、花崎広毅県議とともに、飯塚さんにも加わってもらって、民主党の若手議員による街頭演説会も行いました。
若手が頑張っているからと、松崎公昭前衆議院議員も応援に駆けつけての天王台駅前での演説会には、帰宅途中の多くの方々が足を止めて、聞いて下さいました。
今年度は、民主党千葉県連青年委員会の委員長を務めており、春には統一地方選挙も控え、とくに県内において、同世代の議員を増やしていくことはもちろんですが、同時に、世代の課題に対しても、県内の若手議員たちと連携しながら取り組んでいきたいと思っています。