市内の事件や事故、不祥事の報告

市内で事件や事故などが起こると、議員にはFAXで報告が着ます。
水曜日にも、消防職員の懲戒処分についてと、食中毒の疑いについて、それぞれ、消防局長、生涯学習部長名でFAXが届きました。
1件目は、11月4日12時26分、市内アパートの女性宅に侵入しようとしたところを近隣住民に取り押さえられ、市川警察署により「住居侵入未遂」で現行犯逮捕、留置及び勾留されているそうです。
以前に同一女性に対するストーカー行為等により戒告処分をうけた他、機会あるごとに注意されてきたと言います。
メディアで報道されているような職員の不祥事が、市川でも最近これで2件目。
消防局は、「今後このようなことが起こることのないよう、服務規律の尊守について職員に指導を徹底してまいります。」としていますが、しっかりとやってもらいたいものです。
2件目は、市内公民館で11月16日に行われたボランティア主催のイベント後、医療機関から4名について食中毒の疑いありとして市川健康福祉センター(保健所)に通報があったことから、参加者名簿、提供した食事を調査し保健所に報告し、20日21日両日にわたり聞き取り調査を行い、27名体調不良との実情を把握したと言います。
今後さらに病状と原因を調査するそうです。
こうした情報についても、私の知る限り皆さまにもご報告していこうと思います。