同世代で動き始める

昨日、一昨日と、いくつかの研修に参加してきました。
また、同世代で活躍する(株)RCF代表取締役社長の藤沢烈さんと意見交換してきました。
私たちの学生時代には、ベンチャーや学生団体、NPOなどで活躍する同世代の緩やかなネットワークがあり、烈さんともそこで知り合いました。
当時は、こうした同世代のキーパーソンたちとも比較的頻繁に会っていましたが、最近は、それぞれの分野で活躍することが多く、烈さんと会うのも5年ぶりでした。
最近、IT業界では、同世代で活躍する社長たちを76世代と言うなど、分野によっては、すでにこの世代に注目が集まるようになってきました。
しかし一方で、こと政治の世界になると、一気に状況は変わります。
ブログでも常に書いてきたことですが、少子化問題はじめ、年金など社会保障、働き方の問題、財政問題なども含め、私たち世代の問題や負担は、他世代より大きいものがあります。
にも関わらず、こうした問題を世代で共有しきれていない。
とくに、政治に対する関心の低さには、強い危機感を感じます。
詳しくは、また書きますが、こうした状況を変えて行くためにも、同世代の動きをいち早く創って行かなければならないと感じています。