私たちの世代で変えて行かなければならない

昨日は、板橋区議の佐藤利信くんの結婚式に行ってきました。
当選同期で、同じ統一に挑戦する仲間として、選挙前から交流を持っていた一人です。
同じ歳でもあり、板橋区の相談を受けた際には、彼に協力してもらったりもしています。
最近同世代の結婚式も多くなってきました。
その度に、少子化の問題などが言われる中で、結婚した人、子どもが生まれた人が、幸せな結婚生活、子育ての充実感を同世代に伝えていくことが大事なのではないかと話をします。
今日もそんな話をしてきました。
また、今日は衆議院補欠選挙の選挙戦最終日でもありました。
結果は今日の投票日を見なければ分かりませんが、昨日来ていた都議の伊藤悠くん、や前世田谷区議の関口太一くんらと、民主党自体変わらなければいけない部分が沢山あると意見交換しました。
また、町田市議の新井克尚くん、渋谷区議の鈴木建邦くん、豊島区議の永野裕子さんなど同世代の議員たちも多く、自分たち世代で政治のあるべき姿をしっかりと示しながら、自らが汗をかき責任を持って、民主党を変えていこうと話をしてきました。
国民の皆さまも、むしろ民主党自体が変わることを期待しているのではないかと思うのです。