これからの市川と、これからの高橋亮平

今日は早朝から複数の意見交換の予定があったため、都内を訪れました。
日中は、3件訪問し、その空き時間を利用して、都内にできた大型ショッピングモールを視察し、オープニングのリアクションを見てきました。
市川も武蔵野線の市川塩浜周辺の開発などが残る中、近隣のこうした開発には、興味があります。
大型のショッピングモールや、アミューズメントパークという発想は、一昔前のものであり、さらに新しい都市ブランドを構築するための仕掛けを考えなければならないということを意識しますが、一方で、まだまだ人の集まる状況の中で、こうした開発も無視はできません。
どういうものが市川という地理的条件にあっているのかということを考慮しながら、考えていこうと思います。
夕方からは地元の仕事が忙しく、予定していた関東若手市議会議員の会役員会にでれなかったことが心残りです。
メンバーの皆さんスミマセン・・・
その分も全国の活動頑張ります。
帰宅後、友人の菅源太郎さんと電話で意見交換。
今後の社会運動の仕掛けについてお互いの想いをアツく語り合いました。
世の中を変えるためには複数の仕掛けが必要であり、政治だけではなく、社会運動、教育、芸術・・・様々な分野から同時多発的に絡み合わせることで、初めて動き始めるのではないかと思っています。
こうした仕掛けを当事者として常に動き活動している存在でいたいと思っています。今日も慌しく、ブログのアップもこんな時間になってしまいましたが、有意義な一日を過ごせました。
おやすみなさい。