防災訓練に行って、子育て教育を考える・・・

昨日は、9月1日。始業式とも重なり、防災訓練が行われた学校も多くあるのではないかと思います。
地元の学校でも同様に防災訓練が行われ、災害時の対応として、保護者が児童を引き取りにいくということをやっていました。
雨天ということもあり、本来校庭で行うはずでしたが、教室に変更し、教室での引き渡しとなりました。
平日の日中ということで、働いている保護者は当然来られません。
実際に来ていた保護者は、全体の2/3~半数くらい。
当然来られる保護者も来られない保護者もいらっしゃるわけで、それはしょうがないものだと思います。
ただ、保護者のお迎えの来ない子どもたちが、保護者と帰るお友だちを羨ましそうに見ていた姿に、なんとも言えない気持ちになりました。
少年犯罪などが連日のようにメディアに取り上げられていますが、子どもたちの心は、大人が無意識に対応する中にも、いろんなことを思い、感じているんだなぁということを意識させられました。
参観日などもそうですが、子どもたちのこうした気持ちの部分について、教育現場ではもちろん大人たちは、日常から子どもの精神面を感じながらケアしてあげられるようにしなければいけないと思います。
防災訓練というのは、災害時の対応のシミュレーションだと思っています。
今回の引き取りも、保護者の方に災害時に引き取り作業がスムーズに行くための訓練のはずです。
災害時には、今回以上に当日リアルタイムで対応できない保護者の方々も多くいるでしょう。
保護者が迎えに来られない子どもたちは、学校で待機ということになるのでしょうが、どこでどのように待機するのか、職員は、誰がどういう風に対応するのか、遅れてきた保護者はどういう風に連絡、アクセスすればいいのか。
こうした部分のシミュレーションこそ必要なのではないかと思うのです。
もちろん災害時にはどんなことが起こるかわかりません。
予測していても、予想だにしない事態が起こることもあります。
ただ、そうした事態に備えて、災害が起こった際にどういった場面が想定でき、どういう部分で混乱するのか、そうした事態をシミュレーションした上で訓練していくことの重要性を感じました。

また、今日来てらした方々の中には、祖父母やお父さんも一定いたのが印象的でした。
この地域の特徴なのかもしれませんが、日中、おじいちゃん、おばあちゃんが働く親の代わりに孫の面倒を見ている家庭が多くあります。
教育や育児の負担が両親集中する中で、こうしたサポートというのは、一つの形として可能性を感じます。
地域教育などの必要性を言われ始め、私自身もこうしたことを言い続けてきましたが、そのステップとして、まず個々の家庭の子育てをおじいちゃんおばあちゃんが支えていく仕組みをつくっていくことは良いことではないかと思っています。
現状は、共働きの家でやむなくという場面が多いようですが、専業主婦の家庭にとってもそういったサポートがあれば負担が軽減する場面もあるのではないでしょうか。
当然、近くに親がいる家庭ばかりではありません。
一方で、いつも孫にあえるわけではない子育ての先輩たちもいらっしゃいます。
核家族化の中で失われてきたものも、かつての3世帯、4世帯家族の良かった部分は活かしていくことを考えていいのではないかと思いますし、こうした取り組みは、地域にとっても可能性が広がるのではないかとも思っています。
家庭教育の限界が言われ、その負担が学校に来たことで学校教育も限界に来ています。
都心部では、知育については民間教育機関が補完しているとも言われますが、こうした教育構造を見直していくことが重要です。
今後の可能性として、地域教育の必要性が言われて久しいですが、そろそろ机上論ではない具体的な取り組みが重要です。
また、こうした学校行事に対してもお父さんたちの参加の必要性を感じます。
今日も、何人かお父さんが引き取りに来ていました。
子育てのシェアの必要性を強く感じますが、一方で学校行事やPTA活動などは、お父さんたちがなかなか出にくいのも事実ではないかと思います。
おやじの会などを実践している学校もありますが、地域のお父さんという面も含めて、お父さんだからこそできるといった参加形態をつくることで、お父さんの学校参加を促進させる仕組みもつくっていく必要性を感じました。
今後も、家庭で、地域で、子育てを頑張っているお父さんを応援していきたいと思います。